エアポートタウン

アクセスカウンタ

zoom RSS 1回戦対戦相手決まる 智弁和歌山の戦力について

<<   作成日時 : 2010/08/04 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

智弁和歌山 6年連続18回出場 春1回 夏2回 全国制覇
監督は、甲子園通算最多勝記録59勝の名将高嶋仁氏

確か選抜で広陵と当たった時も
広陵高校の実績を上げてため息をついたことを思い出した

また20年前の2回戦も、当時の優勝校であった天理との対戦であった

成田はなぜか強豪とよく当たる
結果は敗戦ばかりであるが、いずれの試合も接戦でひとつ流れが変われば
勝利していた試合ばかりである

そろそろ、運がまわってきそうである

智弁に名前負けしなければ、勝機は今回は十分にあると思う

智弁といううと強力打線のイメージであるが今回の地方大会の成績からすると
成田とほぼ同じ内容です

 智弁 チーム打率 323 本塁打2本
 成田 チーム打率325 本塁打3本

打線は、相手チームの投手力にもよるのであまりあてにならない(特に地方大会は)

ただ、3番の西川君は打率421、盗塁6と3拍子そろったプロ注目の選手らしい
(中川君も習志野のプロ注目の山下君と真っ向勝負で勝っています)

また投手力も複数の投手の継投で勝ち上がっているようで
150キロを超すような絶対的エースがいないようなので
手も足も出ないということにはならないでしょう

智弁 5試合で失点13 失策 7
成田 7試合で失点8 失策  4

数字だけを見てみると、投手力では勝り他はほぼ互角なのが分かります

一番差が出るとしたら、監督の采配でしょう
高嶋氏は甲子園での戦いを知り尽くした監督さんです
ここ一番でのゲームの流れを読むことに関しては1番だと思います

尾島監督もあまり相手を意識しすぎず、正攻法で臨むことが一番でしょう
(バントと走塁ミスは、全国大会では致命傷になります)

いつも通りの成田の戦いが出来れば、僅差になるでしょうが、成田に勝機はあります

3回戦までの組み合わせが決まっていますが、この中ではやはり智弁が一番の強敵です
ですから智弁戦に勝利し、勢いがつけばベスト8も夢ではありません

ガンバレ 成田




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1回戦対戦相手決まる 智弁和歌山の戦力について エアポートタウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる